株式会社アレスパートナーズの代表

株式会社アレスパートナーズは2012年誕生の企業で、主に経営コンサルティングや財務アドバイザリー、事業投資などを軸とした企業活動が行われています。同社の事業として行われている経営コンサルティングでは、普段の経営から緊急の対応まで、幅広いサービスが提供されているのです。そして、そこが多くのクライアントに支持されている部分と言えるでしょう。豊富な実績もあるということですし、実績に裏付けされたノウハウを活かした経営コンサルティングが、同社の強みでもあるのではないでしょうか。経営者が抱える悩みは実に多種多様です。クライアントに応じたアドバイスが必要になるのは言うまでもありません。同社では頼れる顧問として、オーナーのさまざまな相談に対応しています。

株式会社アレスパートナーズの代表を務めているのが、樫埜由昭氏です。もともと同氏は旧三和銀行で海外プロジェクトファイナンスなどを手掛けていました。ニューヨークの法律事務所でアソシエイトとして勤務していた経験もあります。

樫埜由昭氏に関する情報はこちら

その後、樫埜由昭氏はさまざまな企業を渡り歩きながらスキルと知識を増やし、現在株式会社アレスパートナーズの代表になったという経緯があります。同社の提供しているサービスはどれも品質が高いと評判ですが、それは代表である同氏が常にクオリティの高いサービスを提供することを心がけているからではないでしょうか。その想いがすべての社員に行き渡っているからこそ、クオリティの高いサービスを提供することが可能になっていると考えられます。

アレスパートナーズ代表としての手腕

経営者の悩みは尽きません。どのような企業の経営者でも、何かひとつくらい悩みを持っているものです。ちょっとした悩みから社運を左右するような重大な悩みまで、経営者の悩みも十人十色でしょう。こうした経営者の悩みをヒアリングし、的確なアドバイスを行っているのが株式会社アレスパートナーズです。同社ではいくつもの事業が行われていますが、その軸となるもののひとつが経営コンサルティング事業となります。経営者の悩みをしっかりとヒアリングし、そこから導き出される最善の選択を提案しています。ほかにもアレスパートナーズでは財務に関するアドバイザリー業務も行われていますし、事業投資にも積極的に携わっています。

株式会社アレスパートナーズで代表を務めているのは樫埜由昭氏で、代表取締役社長として現在でも精力的に事業へ携わっています。東京大学法学部を卒業し、ペンシルベニア大学のロースクールを修了という華々しい経歴の持ち主でもあります。また、ニューヨーク州弁護士の資格も取得しています。類まれなる頭脳の持ち主と評される人物です。樫埜由昭氏がいるからこそ同社も現在のような発展ができたのではないでしょうか。現在株式会社アレスパートナーズは多くのクライアント企業を抱えているということで、同社のコンサルティングサービスに助けられたという方もたくさんいるでしょう。多くのクライアントから信頼されるような企業に成長したのも、アレスパートナーズ代表である同氏の手腕のおかげと言えるのではないでしょうか。

サービスのクオリティが高い理由

企業買収や投資は、素人がいきなりやろうとしても、失敗するのが目に見えていると思う方が多いのではないでしょうか。企業が買収や投資をするときには、しっかりとリサーチも行う必要がありますし、しっかりと下準備をしてから取り掛からなくてはならないでしょう。ただ、この準備というのが難しいですし、今まで企業買収や投資をしたことがないという企業では、準備をしたつもりでも失敗してしまうこともあるはずです。株式会社アレスパートナーズでは、このようなクライアント企業に対して、財務アドバイザリーのサービスが提供されています。過去の金融機関やファンドでの経験を基にしたM&A、投資などのサポートが行われていますし、これまで多くのクライアント企業に財務アドバイザリーサービスを提供してきた実績もあります。

高度な金融技術を必要とするシーンは多々ありますし、そのようなときには専門家のアドバイスを聞くことが大切です。樫埜由昭氏が代表を務めるアレスパートナーズでは、高度な金融技術にも精通していますし、交渉支援やスキーム構築などもサービスとして行われています。投資に関するサービスも充実しています。海外投資案件に対しても積極的に対応しているのは、大きな特徴と言えるでしょう。同社の代表である樫埜由昭氏は、海外に勤務していた経験もありますし、海外の金融事情などにも精通しています。代表である同氏の頭脳と経験、ノウハウがあるからこそ、同社の財務アドバイザリーサービスもクオリティが高いと言えるのではないでしょうか。

代表の手腕による躍進

株式会社アレスパートナーズという企業をご存知の方もいるかもしれませんが、同社は東京都港区赤坂に本社を構えています。港区赤坂と言えば芸能人がよく訪れるエリアとしても有名ですし、そのような場所に本社があるというのは、一種のステータスでもあると言えるでしょう。アレスパートナーズは2012年に設立された企業ということで、まだそこまで歴史がある会社とは言えませんが、既に十分な実績を持つ会社に成長しているようです。財務アドバイザリーをはじめ経営コンサルティング、投資事業などさまざまなビジネスを展開していますし、国内だけでなく海外にも目を向けた、グローバルなビジネスが行われているのも特徴と言えるでしょう。

そんなアレスパートナーズで、代表取締役社長として現場の指揮にもあたっているのが樫埜由昭氏です。もともと銀行マンとして活躍していた樫埜由昭氏は、海外プロジェクトファイナンスを手掛けていた経験もあります。ニューヨークの法律事務所でアソシエイトとしても活躍していました。その後、日本に戻りさまざまな企業で複雑な案件に取り組んできているということで、十分な経験とノウハウを持っていると思う方は多いかもしれません。株式会社アレスパートナーズがここまで大きな企業へと成長したのも、同氏の手腕があったからこそではないでしょうか。すでに同社は多くのクライアント企業を抱えていますし、クライアントからの評判も悪くないといいます。ビジネスの本場で鍛えた、同氏の手腕が発揮されている表れと言えるのではないでしょうか。

経験をノウハウとして活かす

経営コンサルティングや財務アドバイザリーなどの事業を軸に、躍進を続けている企業が株式会社アレスパートナーズです。東京都港区赤坂という絶好の立地でビジネスを行っている企業で、多くのクライアントから信頼されている企業でもあります。経営コンサルティング事業においてはクライアントからしっかりと悩みをヒアリングしていますし、ケースバイケースで最善となる提案をするよう心掛けているということです。経営陣やステークスホルダーと共に状況分析も行いますし、策定や実行支援など事態を打開するため、さまざまな手を打ってくれます。常にクライアントのことを考えた、クライアントファーストの姿勢を打ち出しているのも人気の理由ではないでしょうか。

順調に躍進を続けている株式会社アレスパートナーズですが、代表である樫埜由昭氏の経歴もなかなかのものです。東京大学法学部を卒業していますし、ペンシルベニア大学のロースクールも修了していますから、類まれなる頭脳の持ち主と考えて差し支えないでしょう。卒業後は日本の銀行や企業でその手腕を発揮していますし、さまざまな難しいプロジェクトにも積極的に関わってきています。海外でビジネスを展開していた経験もありますから、そうした経験が現在の事業にも活かされているのではないでしょうか。実際に自身で経験したことをノウハウに昇華させていますし、それが成功の秘訣だったのかもしれません。今後も樫埜由昭氏と同社は注目され続けるのではないでしょうか。