ホーム » 未分類 » アレスパートナーズ代表としての手腕

アレスパートナーズ代表としての手腕

経営者の悩みは尽きません。どのような企業の経営者でも、何かひとつくらい悩みを持っているものです。ちょっとした悩みから社運を左右するような重大な悩みまで、経営者の悩みも十人十色でしょう。こうした経営者の悩みをヒアリングし、的確なアドバイスを行っているのが株式会社アレスパートナーズです。同社ではいくつもの事業が行われていますが、その軸となるもののひとつが経営コンサルティング事業となります。経営者の悩みをしっかりとヒアリングし、そこから導き出される最善の選択を提案しています。ほかにもアレスパートナーズでは財務に関するアドバイザリー業務も行われていますし、事業投資にも積極的に携わっています。

株式会社アレスパートナーズで代表を務めているのは樫埜由昭氏で、代表取締役社長として現在でも精力的に事業へ携わっています。東京大学法学部を卒業し、ペンシルベニア大学のロースクールを修了という華々しい経歴の持ち主でもあります。また、ニューヨーク州弁護士の資格も取得しています。類まれなる頭脳の持ち主と評される人物です。樫埜由昭氏がいるからこそ同社も現在のような発展ができたのではないでしょうか。現在株式会社アレスパートナーズは多くのクライアント企業を抱えているということで、同社のコンサルティングサービスに助けられたという方もたくさんいるでしょう。多くのクライアントから信頼されるような企業に成長したのも、アレスパートナーズ代表である同氏の手腕のおかげと言えるのではないでしょうか。